ゲーム

ファイアーエムブレムヒーローズ/限凸の必要はない効率的なSPと英雄値(羽)の貯め方

スキル継承は、お気に入りキャラを強化できるという最大級の楽しみを生みましたが、その分育成の手間を増やしました。

この育成の手間というのが、主に

(継承した)スキルを習得するためのSPと、
キャラの☆上げ(覚醒)をするための羽の2点です。

ここでは、一番効率的ではあるけどガチャなど不確定要素を含む限界突破でのSP稼ぎや送還での羽稼ぎを除く、SPと羽の2点を効率よく稼ぐ方法を載せていきます。

SPと羽のもらい方

まず、SPは敵を倒した際にもらえます。敵を倒した際は「+3」、杖で回復した際は「+1」がもらえます。敵よりもレベルが7~10以上高い場合はもらえないようです。

4/12のアップデートにより、英雄値が実装されました。英雄値は500貯めるごとに羽500がもらえ、最大2000まで貯められます。

戦闘時、英雄値は最大で「5.0」もらえます。最低で「0.1」以下。この英雄値の基準は、

・何人vs何人で倒したか
・何人生存したか
・レベル差がいくつか

などの闘技場の評価システムと似た基準があるようです。

SPを多くもらうやり方

杖の回復時は「+1」しかもらえないので、メインは敵を倒し、「+3」もらうこと。

上で、敵よりもレベルが7~10高いなら「+3」もらえると書きました。ということは、試練の塔で7~10離れているレベル帯で戦うことがベストになります。

範囲を7~10としているのは、7の開きがあってもSPをもらえないことがあり、10の開きがあっても「+3」もらえたことがあるからです。☆の数やステータスの総合値辺りで上下しているようです。(下記の☆4ニノは10差まで、☆5エルトシャンで7開くともうもらえませんでした。)

この中身の評価基準がどのような基準なのかを明確に知る術は現状ありませんが、今後の仕様変更により変更の可能性はあるので、暫定的に範囲を7~10としています。育成の際は、まずはそのキャラがどの程度までの差でSPが入るのか把握してくださいね。

これを行うと、☆4レベル1からの育成でレベル30頃にSPは1000ほど貯まります。ニノのように使い勝手が良いキャラなら、レベル7の開きがあれば、再行動2人・ヒーラーで組み、三すくみ不利でもほとんど一人で全滅させることができます。稼ぎを考えずに育成していた同期のキャラが600前後だったので、結構開きが出ましたね。

逆にスキル継承させたいなどの理由からレベル40キャラでSPを稼ぎたい場合は、レベルが32程度から始まっている修練の塔7から、最低レベル35の8階辺りがベストになります。(ちなみにニノはレベル40までに、SP消費なしで結局1800ほど貯まりました。)

英雄値を多くもらう方法

英雄値は、マップ攻略(敵殲滅)が完了後、生存したキャラに配布されます。最大で「5.0」もらえるようです。

配布数の評価基準は上でも触れましたが

・何人vs何人だったか(相手が多いほどいい)
・何人生存したか
・レベル差はどのくらいか

で、評点づけがされます。ただSP稼ぎの時とは違い、そのキャラが倒した敵の数も評点の対象となっていて、また敵とのレベルが1でも違うと結構な減点の対象になっているようです。

ただ最上階だけは、獲得できる英雄値にキャラ毎のバラつきがなく参加さえしていれば均等に配布されるようなのと、筆者の場合ですが、最大獲得数の「5.0」を最上階以外で獲得した覚えはないので、無難な稼ぎ場所はひとまず最上階だと言えそうです。