ゲーム

ポケモンxy/セレナ(女主人公)会話セリフイベント一覧

ポケットモンスターxyのセレナとの会話・イベントまとめです。【9/22更新】

データはx。選んだのはフォッコ。ちまちま更新していきます。

※吹き出し形式なので、発言主を記載。あとのセリフ内容や順序は変えていません。必要であれば他キャラクターの前後の会話も入れてます。

作業用bgm

目次

アサメタウン

セレナ
セレナ
ようこそ

アタシは セレナ
アナタの お隣さん

サナ
サナ
あたし サナ でーす!
よろしくね♪

あのね あたしたち
あなたを 呼びに きたの!

セレナ:カロス地方 には
プラターヌさん という 立派な
ポケモン博士が いらして

アタシたち 五人の こどもに
お願いが あるんですって

どうして アサメに きたばかりの
アナタのことを 博士が
ご存知なのか 不思議なんだけど

サナ:とにかく 隣町に 行こ!
そこで なんと!

ポケモンが もらえるんだって!
ほら はやく 行こっ!!

アサメの小道

サナ
サナ
〇〇くーん
こっち だよー!!

サナたち みんなで
あなたのこと 話してたの!

ねっ
座っちゃお!

セレナ
セレナ
〇〇
ここが 待ち合わせの 場所よ

では 紹介するわね
こちら 〇〇

ティエルノ
ティエルノ
へえ……
サナの いってたとおりだねえ

セレナ:で…… 〇〇
こちらに いるのが

パワフルな ダンスが 特異な
ティエルノくん に

テストは いつも 満点!
だけど ひかえめ トロバくん ね

ティエルノ:オーライ! よろしく!

あのね 仲良くなるため
ニックネームで 呼びたいんだけど
〇〇やん って どう?

サナ:えー! やだっ!!
〇〇タロ が いい!

ねえ トロバ
あなたなら どう呼ぶ?

トロバ
トロバ
ええ!?
ちょっと 待ってください

その人の こと しらないのに
サナさん ムチャぶり ですよ……

そうですね……
では ひかえめに
〇〇P はどうですか……?

セレナ:どう 呼ばれたいかは
自分で 決めれば?

⇒3択から選ぶor自分で決める

サナ:〇〇って
呼んで いいの?

うん♪ 〇〇って
ニックネーム ぴったり!

仲良くなりたいから
あたしも そう 呼ぶね!

ねえねえ!

はやく みんなの パートナーになる
ポケモンに 会わせて♪

ティエルノ:だよねえ! ぼくと トロバっちが
ポケモンと 出会ったときの 感動
サナたちも 味わってねえ

⇒御三家を選ぶ

サナ:選んだ ポケモンに
ニックネームを つける?

⇒つけない

ニックネームは つけないのね♪

じゃ あたしの パートナーは
〇〇ちゃん(相性良い方) ね!

わー あたしたちの コンビ
かわいすぎて どーしよー♪

セレナ:アタシは セレナ
よろしくね 〇〇(相性悪い方)

ありがと! アナタの おかげで
ポケモントレーナーに なれたわ

トロバ:あのう…… ぼくも
預かってきた ものが あるんです

いいかえれば ポケモンを 深く
理解するための 大事な ものです

(ポケモン図鑑入手)

あっ あのですね……

いま お渡しした ポケモン図鑑は
出会った ポケモンを

自動的に 記録していく
ハイテクな 道具なんです

ちなみに ポケモン博士は
ぼくたちが ポケモンと 旅をして

図鑑を 完成させることを
期待なされています

いいかえれば 博士からの
大事な ミッションです…… きっと

ティエルノ:もう! トロバっち は
マジメマジメ しすぎなんだから

あのね 〇〇
これも 受け取ってよ

博士からの てがみ
きみの ママに 渡してだって!

(はかせのてがみ入手)

よーし! 博士に 頼まれた
おつかいも 無事に すんだし

ぼくと トロバっちは
ポケモンを 探すと するよ

いこう トロバっち!

セレナ
セレナ
カロスでは 選ばれた こどもが
ポケモンと ポケモン図鑑を 持って
冒険の 旅を するのよ

もっとも アナタは まず
ママに てがみを 届けないとね

(話しかける)

サナ:パートナーの ポケモンが いれば
野生の ポケモンも 怖くないから

2番道路・アバンセ通り

サナ
サナ
あっ!
〇〇

一緒に ポケモンの
捕まえ方 教えてもらお!

セレナの パパも ママも
すごーい トレーナー なの!

だから ポケモンの 捕まえ方や
勝負のこと 詳しいんだって!

セレナ
セレナ
うーん

パパや ママが そうでも
アタシには 関係ないけど

ちょっと みてて

(捕まえ方チュートリアル)

サナ:うわあ ポケモンが
ボールの 中に!?

セレナ:まあ サナったら

アナタの 〇〇は
なにに 入っているの?

アナタたち にも
モンスターボール わけてあげる

(モンスターボール入手)

サナ:モンスターボール だ♪

これで あたしも
ポケモン 捕まえられる?

セレナ:この辺りの ポケモンだったら
ボールを 投げれば 捕まるわね

サナ:うん! あたし
かわいい ポケモンと であったら

ボールを どんどん 投げて
おともだちに なっちゃお♪

セレナ:野生の ポケモンを 捕まえても
自分の ポケモン 育つの

じゃ がんばって

ハクダンの森

セレナ
セレナ
モンスターボールはあるの?

はい

(モンスターボール入手)

・話しかける

野生の ポケモンだけど
弱っているほど 捕まえやすいの

ハクダンの森・出口

セレナ
セレナ
一番乗りは アナタ なんだ

すごい 才能の 持ち主が
お隣さんに なったみたいね

(ティエルノとトロバやってくる)

ティエルノ
ティエルノ
ポケモンの 動きって ユニーク!
もっと ダンスに 取り入れたいよねえ
トロバ
トロバ
ティエルノさん

ポケモンの 動きに
みとれすぎ なんですよ……!

(サナやってくる)

サナ
サナ
みんな そろったね!
ハクダンシティに 行こっ♪

3番道路・ウベール通り

サナ
サナ
ねーねー
みんな どうするの?
トロバ
トロバ
もちろん ポケモン探し です
博士に 頼まれたこと ですから

それに ポケモンは それぞれ
好きな 場所が ありますからね

いいかえれば 森とは 違う
ポケモンに 出会う チャンスです!

違う ポケモンなら きっと
新しい 技を 使うよね
いろんな ムーブを みたいねえ

サナ:セレナは どーするの?

セレナ
セレナ
アタシは ハクダンシティの
ジムリーダーに 挑戦ね

あのね ポケモントレーナーは
ポケモンジムにいる ジムリーダーと

戦うことで 自分の
実力を 確かめるの

サナ:へえ
いろいろ 詳しいんだね!

セレナ:パパや ママに
いろいろ 教わっているもの

アナタたちに いいもの あげるね
はい これ たんけんこころえ

トレーナーに 役立つ
10ヵ条を 書いておいたから

ほら アナタにも

なにか わからないことが あれば
その こころえを 使ってみてね

サナ:うん ありがとう!

あたし ハリマロンちゃんと
じっくり 向き合ってみる♪

〇〇は どうするの?

ミアレシティ・プラターヌポケモン研究所

プラターヌ
プラターヌ
アサメタウンから
遠路 はるばる こんにちは!

ボクが プラターヌ!

ポケモンとの 旅は 楽しいかい?
いろんな ポケモンに 出会った?

よーし! それでは さっそく キミの
図鑑を チェック しちゃうよー

ふむう! セントラルカロスで
みつけた ポケモンは 〇〇匹だね

(評価コメント)

キミには キラメキが ある!
とにかく いい 感じー!

ポケモンを 託す
メンバーを 選ぶに あたって

一つの 町から 一人ずつ……
そう 考えて いたんだよね

アサメタウンなら 知り合いの
ベテラントレーナーさんの お子さん

そのとき 知った サイホーンレーサー
サキさん親子の 引っ越し

そう! きみは
カロス地方を 知らない……

それが グッときた
つまり グッド ポイント なわけ!

サナ
サナ
博士ー
サナ です♪

(サナ・セレナやってくる)

セレナ
セレナ
お待たせしました

プラターヌ:よーし! みんなで
ポケモン勝負 だよ!

キミの 相手は
この プラターヌが するよー

⇒博士とバトル

プラターヌ博士にバトル勝利後

プラターヌ
プラターヌ
だいたい わかった!
サナ
サナ
なにがですか?

プラターヌ:〇〇! キミは
おもしろい ポケモントレーナーだね!

よし! もう一匹
ポケモンを 連れていくと いいよー!

ほら!
選んじゃってよー!

(初代御三家の一匹とメガストーンをもらう)

プラターヌ:ほらほら! キミたちも
なかよく 選ぶと いいよー!

サナ:えー
迷うー

セレナ
セレナ
これから 長いあいだ
一緒に いるのだから
ゆっくり 決めれば いいわ

プラターヌ:さてと ボクの 読みでは
そろそろ みんなが そろうね!

(ティエルノ・トロバ登場)

ティエルノ
ティエルノ
プラターヌ博士
トロバ
トロバ
あれ? みなさん
もう いらしてたのですか?

プラターヌ:ねっ

よーし!
みんな そろったね

それでは
あらためて みんなに!

最高の トレーナー めざし
ポケモンとの 旅を 楽しんでよ!

そして カロス地方の
ポケモン 最大の 謎!

新たな 進化の 可能性!
メガシンカの 秘密を 解き明かそう

そう! さきほど 渡した
メガストーンは 戦いでの

新たな 姿! メガシンカの
秘密の てがかり なんだよ!

トロバ:メガシンカ……?
ポケモン図鑑は どうするんですか?

プラターヌ:それが トロバくんの 考える
最高の トレーナーなら
ぜひとも 完成させようよ!

セレナ:サナは メガシンカ
気に なります♪

プラターヌ:メガシンカに ついて 調べるなら
コボクタウンは どうかなー!

あそこは 歴史のある 町
なにか ヒントが あるかもしれないね

いいかい?

ポケモン図鑑を 埋めるため
いろんな ところに いけば

さまざまな 生き方の ポケモン
さまざまな 考えの 人と
出会うことに なるだろう!

ときとして ぶつかる 生き方
考え方を まず 受け入れ

なにが 大事かを 考えることで
きみたちの 世界は 広がるんだ!

セレナ:どれだけ 人と 違うかが
アタシの 価値だと 思うの

そういう 意味で アタシ
メガシンカを 使いこなしたい

プラターヌのポケモン研究所・エントランス

サナ
サナ
あ 〇〇
サナ 気になる ところが あるの!

というわけで
また あとでね♪

(サナ去る)

セレナ
セレナ
話したいことが あるの
カフェ・ソレイユで 待っているわ
お隣さん!

(セレナ去る)

トロバ
トロバ
セレナさんの 話って
いったい なんでしょう

ホロキャスター では
ダメ なんでしょうか……?

ティエルノ
ティエルノ
秘密 っぽいけど
なんだろうね……?

気になるけれど 知らないふりを
しておいたほうが よさそうだねえ

〇〇!

コボクタウンに 向かうなら
研究所を でて
左に 曲がって 進むと いいよ

さっきの カフェ・ソレイユも
そちらに あるからねえ

カフェ・ソレイユ前

セレナ
セレナ
ちょっと いい?

(二人、中に入る)

セレナ:フラダリさん と……
もしかして カルネさん……?

あのね お隣さん

フラダリさんは ホロキャスター って
映像データの 受信装置を
つくった フラダリラボの トップで

カルネさんは 知ってるでしょ
世界的に すごい 人気の
大女優さん だもの

でも どういう 組み合わせ かしら?

フラダリ:あなたの デビュー作での
少女の 演技 すばらしかった

いつまでも 若い 役を
演じたいと 思いませんか?

カルネ:おかしな 質問ね

若さ イコール 美しさ とは
限らないし なんでも 変わるのよ

おばあちゃんに なったら それを
楽しみつつ 演技したいわ

フラダリ:いつまでも 美しく あるのが
女優として 選ばれた
あなたの 責任なのでは?

わたしなら 世界を
永遠の ものとして

すべての 美しさを
いつまでも 保つかもしれない

世界が 醜く
変わっていくのは 堪えられません

おや
〇〇くん

こちら カロスが 誇る
大女優の カルネさんだ

その演技で 多くの 人を
感動させている……

つまり 自分以外の 誰かを
しあわせに するために 生きている

ああ! みんな そのように 生きれば
世界は 美しいのに!

では 失礼します

(フラダリ去る)

カルネ:あなたたちは?

セレナ
セレナ
アタシは セレナで
こちらは……

カルネ:〇〇ね

さっき きこえたもの
二人とも ステキな 名前!

それに なんて
ステキな ポケモン なの!

あたしも ポケモン 育ててるの
いつか 勝負しましょうね!

セレナ:そっか……

ポケモントレーナー同士 なら
みんなと 戦えるんだ……

そうだ!
お隣さんに ひとこと

アナタと アタシで どっちが
強くなるか 競争しない?

アナタは アサメに きたばかりで
旅だったけれど お隣さん だし
競い合うの おもしろいでしょ

もっとも アタシ 負けないけどね

7番道路

セレナ
セレナ
よければ みんなで
ポケモン勝負を したいんだけど

そうね……

ティエルノと トロバの コンビに
アタシと 〇〇で 挑みましょ

⇒はい・いいえ

・いいえ

セレナ:なるほど

勢い だけで
勝負を しないのね

(はいを選ぶとバトル)

トロバとティエルノにバトル勝利後

セレナ
セレナ
みんな トレーナーとしての
スタイルが 違って おもしろいのね

さてと…… 次に 行けるのは
コウジンタウン ね

コウジンタウン

セレナ
セレナ
ここが コウジンタウン

水族館を 通り抜ければ
ショウヨウシティ だけど……

まずは カセキ研究所で
カセキの 話を きくでしょ?

メガシンカに 関わる 不思議な
石のことも わかるかも しれないし

コウジンタウン・カセキ研究所

(セレナやってくる)

セレナ
セレナ
ほら

男性研究員:ようこそ!

カセキの ロマンに 導かれた
学究の徒たちよ!

セレナ:アタシは セレナ
こちらは 〇〇 です

いきなりですが メガシンカ について
なにか ご存知でしょうか?

男性研究員:おお キミたちが
プラターヌ博士の! きいてますぞ

メガシンカねえ…… 残念だが
不思議な 石が 関係する……
それぐらいしか わかっていないのです

だが きみたち! 彼の 弟子なら
ポケモンの カセキは 知ってるかね?

⇒はい・いいえ

・はい

すばらしい! さすが
プラターヌ博士の 弟子ですなあ!

・いいえ

おやおや? プラターヌ博士の
弟子にしては 不勉強ですなあ

いいですか? カセキとは
古代の ポケモンの 名残り

現物を みるため
採掘場に 行くべきですぞ!

セレナ:そうですか
メガシンカのことは わからないと……

女性研究員:あら! カセキから 復元できる
ポケモンが その メガシンカに
関わっている 可能性も あるわ

カセキの 復元なら
輝きの洞窟に いる
助手クンなら 詳しいわよ!

セレナ:どうしよう…… せっかくだし
その 助手さんに 会おうかな……

〇〇
輝きの 洞窟に 行くの?

輝きの洞窟

フレア団1:おれらは 泣く子も 黙る
オシャレチーム フレア団!

フレア団2:カセキの 代わりに
おこさま 発見!

セレナ:〇〇

(セレナやってくる)

セレナ
セレナ
フレア団が 二人……

じゃあ こちらも
二人で 戦わないとね

⇒はい・いいえ

・いいえ

準備なの?

わかった まってるから

・はい

さっきも 別の
フレア団と 戦ったの

アナタたち フレア団が
ハッピーに なるなら 好きにすれば?

だけど アタシたちを 消し去るなんて
ありえないし 許せないでしょ

フレア団にバトル勝利後

フレア団1:ちっ フレア団 御用達の
オシャレスーツが 汚れたぜ

フレア団2:カセキを 復活させれば
い 金もうけに なるのよ!

セレナ
セレナ
トレーナーですもの バートナーの
ポケモンを 守れなくちゃ……

さあ カセキ研究所の
助手さんを 探しましょう

輝きの洞窟・奥

セレナ
セレナ
みつけたの?

研究員助手:やあ きみたちも
カセキを 探しに きたのかい?

セレナ:大丈夫…… なの?
フレア団 きませんでした?

研究員助手:ふれあだん……?

なにそれ? ポケモン?

セレナ:だったら いいんですけど

……カセキ探しに
夢中だったみたいね

研究員助手:ラッキーだね! きみたち
いま 二つ カセキを みつけてさ

とはいえ すでに みつけたものだから
きみたちに わけてあげるよ!

アゴのカセキと
ヒレのカセキ どっちにする?

(カセキを選ぶ)

セレナ:では こちらを いただくわ

研究員助手:カセキは カセキ研究所で
ポケモンに 復元しますよ!

それでは ひとあしおさきに……!

セレナ:助手さんを 探しに きたら

フレア団 なる
不穏な 連中が いたと……

無事に 旅を 続けるには
もっと 鍛えた ほうが いいかも

となれば…… ショウヨウシティの
ポケモンジムに 挑んでみようかな

セキタイタウン

フレア団:いいか! オレたち フレア団は
10番道路の 列石や

とんでもない お宝を 使って
ハッピーに なってやる!

世の中 力を 持つ ヤツが
スマートに 勝利するのさ!

(フレア団去っていく)

セレナ
セレナ
〇〇
フレア団 こなかった?

⇒きたけど・ううん……

・きたけど

セレナ:きたけど……
って いないよね?

・ううん……

心配しなくても
大丈夫よ! アタシも
フレア団を 追いかけてたの

でも その先 行き止まり なのに……
フレア団 なんだか 不気味ね……

シャラシティ・マスタータワー

メガシンカおやじ:うむ!
そろっておるようだな

(セレナ・サナ・トロバ・ティエルノやってくる)

サナ
サナ
〇〇!!
セレナ
セレナ
元気に してたの?
トロバ
トロバ
みんな そろうのは
ひさしぶりな 感じです
ティエルノ
ティエルノ
そうだねえ
7番道路 以来だねえ

メガシンカおやじさん

ずっと 気になってたんだけど
そちらの 方は?

メガシンカおやじ:孫の コルニ
シャラシティの ジムリーダーだよ

さてと プラターヌの 弟子たちよ
みんな そろったようだね

では メガシンカの 説明を
はじめさせて もらおうかの

ポケモンの 進化に ついては
はっきり わかっておるよの

サナ:ポケモンの 進化でしょ

えーっと
多くの ポケモンは 戦わせて
強くなると 進化します!

それに 道具を 使うことで
進化する ポケモンも いるよ♪

セレナ:他にも なつくことで
進化する ポケモンも いるし

決められた 場所でのみ
進化する パターンも あるわ

コルニ:そう! 進化の バリエーションは
さらに いろいろ あるはずだよね

そして メガシンカ とは
進化を 超える 進化なんだ!

メガシンカおやじ:そうだとも!

メガシンカとは これ以上
進化しないと 思われていた

ポケモンの さらなる 変化!
一層の パワーアップ!

トロバ:それって たとえば
ヒトカゲ リザード リザードンなら

リザードンが さらに
進化すると おっしゃるのですか?

コルニ:うん! そのとおり だよ

ただ すべての ポケモンが
メガシンカできる わけ じゃないの

メガシンカおやじ:さきほど 変化と いったのには
ちゃんと わけが ある

メガシンカは 進化と 異なり
一定時間で 終わる…… つまり

一時的な 進化なのだよ

サナ:えー!?
進化なのに 戻っちゃうの?

コルニ:うん…… メガシンカは
特別な 進化だから

とはいえ メガシンカについては
まだまだ わかってないことばかり

いま わかっているのは
特別な 道具が 必要なこと

そしてなにより ポケモンとの
信頼関係が 大事ってこと

セレナ:信頼……
絆 ってことね!

メガシンカおやじ:さてと メガシンカには
ポケモンには メガストーン

トレーナーには 未知の石を
うめこんだ メガリングの
二つが 必要と なる

プラターヌから
ポケモン図鑑を たくされた

おまえたち 全員に
わけてやりたい……
わけてやりたいのだが……

サナ:だが……?

ってなあに
なんだか 歯切れ 悪ーい!

メガシンカおやじ:すまぬ! いまのところ
メガリングは 一つしか ない……

本当に 貴重な ものでな
それゆえ 研究も 進まんのだ

というわけで おまえたち
メガシンカの 継承者に

挑む 人間を
誰か 一人 決めてくれ

ティエルノ:自分は ポケモン勝負……
あんまり 自信ないからねえ

メガシンカなんて すごいこと
うまく 使いこなせないよ

サナ:あたしも!

思い出に なるだろうし
おもしろそうだけどね

トロバ:まずは ポケモン図鑑を
完成させたいです

あれも これも よくばると
どちらも うまく いきませんから

サナ:残るは
〇〇たちだね

ティエルノ:二人とも
トレーナーとしての 腕前
申し分 ないよねえ

セレナ:〇〇
勝負しましょう

きっかけは ともあれ 競いあって
アサメタウン ナンバーワン

トレーナーを 決めるのも いいでしょ

・話しかける

セレナ:準備は できたの?

⇒はい・いいえ

・いいえ

慎重なのね

・はい

セレナ
セレナ
メガシンカを 使いこなし
アタシだけの 価値を 手に入れるの

トレーナーである アタシを
信じて ここまで きてくれた

ポケモンたちの ためにも……!

アナタたちの 強さ……
みているだけで 伝わってくる

だけど 負けない!
ううん! 絶対に 勝つんだから!

セレナとのバトル勝利後

セレナ
セレナ
本当に 強いのね!
パートナーとの 絆 感じたわ

負けて 悔しいけれど……

うん アナタなら ポケモンを
メガシンカ させられるよ 絶対!

コルニ:ポケモン勝負 だから
勝ち負けは あるけど

どちらの ポケモンも
トレーナーも ステキだった!

メガシンカは ポケモンを 強くする
手段の 一つ でしかないよ

メガシンカさせずとも
ポケモンの 強さを 引きだす
トレーナーは 多く いるでしょ

メガシンカおやじ:では 〇〇!

まずは 「ジムリーダー」の
コルニに 挑むが いいぞ!

コルニ:ポケモンには メガストーン!

そして ポケモントレーナーには
メガリングが 必要なんだ

あたしの ルカリオに 気に入られた
不思議な トレーナーさん

あなたが 継承者に
挑むのに ふさわしい トレーナーか

ポケモンジムで 試させてね!

もちろん 他の おともだちも
ジムに 挑戦してよ!

セレナ:アナタが メガシンカを
使えるように なれば
博士も 喜ぶんじゃない?

最高の トレーナーの
一つの形 だからね

サナ
サナ
そっかー
博士も おっしゃってたもんね

最高の トレーナー めざし
ポケモンとの 旅を 楽しんでって

トロバ
トロバ
ティエルノさん

ぼくらも 最高の
トレーナー めざしませんか

ティエルノ
ティエルノ
オーライ!
サイコー めざそー!

じゃあ 〇〇に
サナぴょん また 会おうねえ!

メガシンカおやじ:わざわざ 比べなくても
ひとも ポケモンも みんな 違う

それでも 競いあって
お互い 高めあうことが できる
相手が いるのは 幸せ よな

サナ:〇〇って
これからも セレナと 競いあって
強くなっていくと 思う!

みんなで 旅して よかったね♪

シャラシティ・東のゲート

セレナ
セレナ
お隣さん
これ 使うと いいよ

(ひでんマシン03「なみのり」入手)

秘伝技 なみのりが 使えれば
水上を 移動できるから

アナタが カロスに やってきて
いっしょに 旅を するなんて
よく 考えれば すごいことよね

ある意味 運命でしょ

ヒヨクシティ

(ホログラムメール)

セレナ
セレナ
ポケモンジムの 前で
ポケモン勝負を 挑むわ

準備しておいてよね

ヒヨクシティ・ポケモンジム前

セレナ
セレナ
遅れて ゴメンね
メガシンカ みたくなったの

もちろん メガシンカを 使うかは
アナタの 自由だけど

ポケモンの 可能性……
その一端に 触れてみたいの

⇒ポケモンバトル

セレナとのバトル勝利後

セレナ:アサメタウンから 旅立って
道のりは 同じ なのに
強さは 同じでは ないのね

なにが 違うのかしら……?

それじゃ ジムの 挑戦
ベストを 尽くしてね

14番道路・クノエの林道

トロバ
トロバ
〇〇さん
はやい 到着ですね
セレナ
セレナ
あら 〇〇

トロバ:いま ポケモン図鑑の
完成度を 比べていたんです

もちろん ぼくの 勝ちですよ

セレナ:ポケモン図鑑は
トロバたちに 任せるから

みんなで 同じことを するのって
アタシ あんまり 好きじゃないし……

トロバ:〇〇さん

マウンテンカロス図鑑で
ポケモンを みつけた 数

いつものように 比べましょうよ

いいかえれば ぼくなりの
ポケモン勝負 です

(ポケモン図鑑評価)

⇒勝った場合

ぼくの 負け です……
くやしいですっ!

あっ! 〇〇さんも
フカマルを みつけていますね

同じ ポケモンを 知っていると
それだけで うれしくなりますよね

セレナ:それにしても 本当に 多くの
ポケモンが いるのね カロスには

次は アタシ

〇〇
ポケモン勝負 しましょ

⇒ポケモンバトル

セレナとのバトル勝利後

サナ
サナ
ねえねえ! 二人とも
すごい 迫力だったね♪
セレナ
セレナ
もう サナったら……
いつから みてたの?

サナ:で ティエるん は?

トロバ
トロバ
かくとうどうじょう ですよ

サナ:へ?
かくとうどうじょう……?

ティエルノ
ティエルノ
みんな ごめんよー

相手ダンスに 夢中で
遅くなっちゃったー!

セレナ:ティエルノ
いい ポケモンと であえたの?

ティエルノ:うん そうなんだ! 理想の
ダンスチームに 近づいてるよ

サナ:すごいね
よかったね!

ねえねえ みんな
サナ 怖い家に 行きたいの!

トロバ:クノエシティ 近くの……?
あれって ただの ウワサですよね

サナ:ねっねっ! みんなで
ウワサか どうか 確かめようよ!

セレナ:うーん パス
どうせ ウワサでしょ?

クノエシティに 行く 前に
ポケモンと 向き合っておきたいし

(セレナ去る)

ティエルノ:あっ ばいばーい!

で……
怖いの……?

トロバ:ティエルノさん
確かめに いきますよ

ウワサには なにかしら
理由が ありますからね!

(ティエルノ・トロバ去る)

サナ:はぁ……

〇〇は
なんで 旅してるの?

みんな やりたいこと
がんばってるのに

サナってば 思い出づくり! って
なんとなく 旅しちゃってるもん

なーんてね♪

ボール工場

サナ
サナ
あたし もう一度
お話ししてくる!
トロバ
トロバ
ちょっと! サナさん!

(トロバと入れ違いにセレナとティエルノがやってくる)

ティエルノ
ティエルノ
あれれ?

いま サナぴょんと トロバっち
走っていかなかった?

セレナ
セレナ
待ち合わせを したのに
どうした っていうの……?

ひゃー

ティエルノ:あっ! サナぴょん

待てッ!

(サナ、トロバ、フレア団去る)

え? え?
どうなってるの?

とっ とりあえず
追いかけないとねえ!!

(ティエルノ去る)

セレナ:フレア団……?

なにか 起きているのかも
いまのうちに 中を 調べましょ

工場の中

フレア団:……外の 連中
見張りも できないのかしら

申し訳ありませんが
ただいま 見学できませんことよ

(セレナやってくる)

セレナ
セレナ
その 赤いスーツ
フレア団 でしょ

いつから ボール工場で
アルバイト してるの?

フレア団:なっ!?

フレア団を
バカに しないでよ!

いけ
グラエナ!!

セレナ:ここは アタシが 引き受ける!
アナタは 先に行って!

2階・奥のプレハブ

フレア団幹部:あんたさ
フレア団のため 働きなさい

そうすれば いちいち あたしたちが
ボールを 運ばなくて すむもの

フレア団コレア:それとも お金を 払って
フレア団の メンバーに なるとか

500万円 ぐらい
楽勝でしょ?

社長:きみたち フレア団は
なにを 考えているのだ!

モンスターボール独占 なんか
わたしは 許さないぞ!

フレア団バラ:いいじゃない
そんな人 ほっとけば

フレア団幹部:そうね

他の人が 使えないよう
爆破しちゃいましょう

あらあら
侵入者

社長:侵入者は
おまえたち だろ!

おお! きみ!
助けてくれ!!

フレア団幹部:あらあら
社長さん 必死ね

しかたない あたしが
希望を ぷちっと つぶしちゃう

⇒幹部とバトル・勝利後

なっ なによ!

さえない 社長のため
真剣に ならないでよ!

フレア団コレア:ヤダー!
幹部なのに ダサーい!

いいわよ! 後片付けは
あたしたち 科学者コンビで

フレア団バラ:2vs1で やっつけましょ
勝てる 確率は あげないと

(セレナやってくる)

セレナ
セレナ
どうかしら?

遅くなって ゴメンなさい

フレア団バラ:まだ いたの?

フレア団コレア:関係ないけどね
こどもが 一人でも 二人でも

あたしたちの コンビネーションなら
さらに 勝利の 確率 アップ

セレナ:学者っぽいけど
計算は 苦手なの?

一緒に 戦える
お隣さん?

⇒はい・いいえ

(いいえだと「わかった」)

セレナ:いくよ

⇒セレナとタッグバトル

フレア団全員にバトル勝利後

フレア団バラ:あらま?

フレア団コレア:ヤダー! 残念
敗れちゃった

フレア団幹部:ああもう!

モンスターボールも
スーパーボールも

ハイパーボールも 奪ったし
ここは 引きあげます

(フレア団出ていく)

社長:きみたち 助かった!
ほんと 助かったよ!

きみたちは 若いのに
すばらしい ポケモントレーナーだ!

よーし!
お礼を しよう

マスターボールと でかいきんのたま
どちらか 好きな方を 選ぶのだ

セレナ
セレナ
いいわよ
アナタから 選んで

⇒マスターボールとでかいきんのたまの選択肢

(どっちを選んでも意味なし)

社長:お礼の お礼だ
選ばなかった 方も あげよう!

もちろん きみにも!

セレナ:あっ ありがとうございます
……でも いいんですか?

社長:きみたちなら 正しく 使える!
そんな 気が するからね
あんな フレア団と 違って

いっておくが でかいきんのたまの
使い方は わたしも 知らないよ

それにしても……
フレア団 め

ボールを 独占して
なにを 企んでいるのだ?

(話しかける)

セレナ:モンスターボールを 奪った

ということは ポケモンを 集めて
なにかを 企んでいるのね

きいたけど 発電所も
フレア団の しわざ なんでしょ

ポケモン…… 電気……
目的は なに?

ボール工場内入り口

サナ
サナ
ねえねえ いまさらだけど
見学しても 大丈夫?
セレナ
セレナ
ううん……
フレア団の せいで……
それどころじゃ ないの

サナ:フレア団?
きいたこと あるかも……

トロバ
トロバ
もしかして ですが
さっきの 赤いスーツ……?

セレナ:そうよ トロバ
フレア団は……

…… …… ……
…… …… ……

ティエルノ
ティエルノ
みんなの モンスターボールを
ちからづくで 奪ったの……?

トロバ:……なんと

関わり合いに ならないほうが
よさそうな 連中ですね

ティエルノ:そうだね トロバっち
フレア団…… ひどいんだねえ

どうしようかなあ

タウンマップだと 次に 行くのは
フウジョタウン かなあ

(ティエルノ、トロバ去る)

サナ:〇〇と セレナは
すごいんだね!

そんな 悪い 人より
はるかに 強いんだもん!

でも ムリしちゃ ダメだからね
じゃーねー♪

(サナ去る)

セレナ:ありがとう

アナタの おかげで
みんな 無事だった

でも アナタに 頼ってばかりでは
旅の 意味が なくなるよね……

17番道路・マンムーロード

(ホログラムメール)

セレナ
セレナ
〇〇

次は ヒャッコクの ジム前で
ポケモン勝負を 挑むわ

準備しておいてよね

ヒャッコクシティ・ジム前

セレナ
セレナ
〇〇!

ミアレシティの カフェで
ライバル宣言 したんですもの

強くなったところを みせないとね

⇒ポケモンバトル

セレナにバトル勝利後

セレナ
セレナ
アタシの ポケモンたちも
たくましく なっているのに……

アナタたちは いつも
すこし 先を いっているのね

ほら アナタの ポケモン
元気に してあげる

アナタと ポケモンなら
ジムリーダーに 勝てるよ

じゃ ファイト!

ジム前・ヒャッコクジムリーダーに勝利後

セレナ
セレナ
〇〇 アナタなら
サイキックバッジ もらったんでしょ

旅が 終わったら 毎日
アナタに 勝負を 挑もうかな

だって お隣さん だもの

さて もう一度
チャレンジ させてよ

強くなるには 強い トレーナーと
戦うのが 一番ですもの

……なにかしら?

(ホログラムメール)

フラダリ『ホロキャスターを 持つ
ポケモントレーナー たちよ
心して きいてほしい

これより フレア団は
最終兵器を 復活させ

我々以外を 消し去り
美しい 世界を 取り戻す

なにも 生みださない 輩が
明日を 食いつぶしていく……

このままでは 世界は 醜い
争いで 覆われてしまうでしょう

くりかえします! フレア団は
最終兵器を 使い

世界を 一新します!

フレア団 以外の みなさん
残念ですが さようなら

セレナ:……フラダリさん
……なにを いってるの?

世界を 浄化する って……
フレア団 以外を 消すって……

〇〇! フレア団の
アジトを 探しましょ!

フラダリさんが いそうなのって……

やっぱり 出会った 場所
ミアレシティ なのかしら……?

セキタイタウン

セレナ
セレナ
〇〇
アタシも 行く!

アタシも フラダリラボで
謎の人から 教わったの

フレア団が 最終兵器で
なにを するのか!

フレア団を…… ううん
フラダリさんを とめましょ!

だって 悲しむほど 世界は
けがれてなんか いないもの!

フレア団秘密基地(正解のボタンを選んだ場合)

フラダリ:地上に 花 開いた
最終兵器の 美しさ……

なにしろ 伝説ポケモンの
エネルギーを 取りこんでいるからね

〇〇!

ラボで 正解を 選んだのに
申し訳なく 思う

だが 世界の 流れとは
さまざまな エゴが混じり 決まるのだ

セレナ
セレナ
最終兵器 なんか
使わせないんだから!

フラダリ:世界は 有限なのに
人も ポケモンも 増えすぎた

金も エネルギーも
奪ったものが 勝つ 世界だ

きみたちは 一つしかない
メガリングを 譲りあったのか?

一つしかないものは わけあえない

わけあえない ものは 奪いあう

奪いあえば たりなくなる

争わず 奪いあわずに
美しく 生きていくには
命の 数を 減らすしかない

セレナ:ポケモンは?

フラダリ:……

セレナ:ナミダ…… どうして?

セレナ:ポケモンには
消えてもらう

ポケモンは すばらしい 存在

われわれ 人間は ポケモンと
助けあい 共に 発展してきた

それゆえに 争いや 奪うための
道具と なりかねない!

もう いいだろう

きみたちの 望みは
最終兵器を とめること!
だが わたしは それを 拒む

すこし 足止め させてもらうよ

⇒フラダリとバトル

フラダリにバトル勝利後

フラダリ:守る 強さ…… か

だが きみは なにを 守るのだ?
今日よりも 悪くなる 明日か?

だが
もう

遅い!!

希望は ついえた……!
確かめたければ 最深部に 行け

セレナ
セレナ
なにが 遅いのよ!

伝説ポケモンを 探しましょう!
〇〇!

ポケモンを 守るのが
ポケモントレーナー なんだから!

ほら! 部屋の 奥に
出入口が みえるでしょ……

フレア団秘密基地・道中

セレナ
セレナ
急ぎましょう

(セレナとタッグを組む)

フレア団幹部:ここで お引き取り 願います

なぜなら 奥には
伝説ポケモンが いるからね

フレア団したっぱ:どうして 教えるんですか?
ちょっと ありえなくないですか?

⇒バトル・勝利後先に進む

フレア団したっぱ:確かに 連絡は もらったが

頭の いい おれらが
迷いこんだ コラッタ退治 とはね

フレア団幹部:負けない!
先には 進ませない!

次の ステージに 進むのは
わたしたち フレア団です!!

⇒バトル勝利後・先に進む

サナ
サナ
〇〇!
セレナ!

ゴメン
わかってる……

あしでまとい だよね

セレナ
セレナ
……

サナ:だってえ……

だって ともだち だもん!

セレナ:アタシこそ ゴメン

危ないのに 来てくれた
サナの 気持ち……

ぜんぜん わかってなかった

そうだよね
ともだち だもんね!

〇〇
みんなで 行くでしょ?

危ないから ためらう
アナタの 気持ちも 当然よね

だけど 一人で 戻るほうが
もっともっと 危ないでしょ

サナ
みんなで 行きましょ

そうだよね!

アタシと 〇〇が 先に行くから
サナは ついてきて

うん!
ありがと♪

フレア団秘密基地・扉の前

セレナ
セレナ
どうすれば いいの……?
サナ
サナ
これ……
役に 立つかも

パズルで 行き詰まったとき
一度だけ 解いてくれる マシン!
前に シトロンさんに もらったの

電子ロックも パズルも
同じよーな モノ だよね♪

あっ!
ロック 開いたよ♪

ああっ……! ほんとに
マシン 壊れちゃった……

セレナ:はあ…… すごいのね
シトロンさんの マシン

もちろん サナも
いろんな 意味で すごいよ

さて……
いよいよ ね

フレア団秘密基地・最奥

セレナ
セレナ
ここが 最深部……

なんだか
息苦しい……

サナ
サナ
ねえ……

あの 樹みたいなのが
伝説の ポケモン?

生きているようには みえないけど……

フレア団:あんたたちには
関係ないことだ

フレア団:伝説ポケモンの
エネルギーは 99パーセント

最終兵器に 取りこんだ

だが 万全を 期すため
こいつらを ぶちのめしましょう!

サナ:追いかけられるのー
やだやだー!

(サナ逃げる。フレア団の一人が追いかける)

セレナ:サナってば また……

〇〇
こっちは 頼むわね

アタシ サナを 守るから!

フレア団:逃げた こどもたちも
きちんと 始末しろ!

さすがは ここまで
やってくるような こどもたちだ

シンプルな 方法だが
われわれを 分断するとは

あの娘 やりおる!

(セレナを追って、フレア団の一人が去る)

フレア団:さて あんたに
われわれが 倒せるかい?

(バトル勝利後)

フレア団:まさか……

まさか まさかの まさかだ!

フラダリさまに お伝えしろ

増援も 呼ぶのだ!

〈……ぺき!〉

(ゼルネアス登場。バトル)

ゼルネアスとバトル勝利後

セレナ
セレナ
よかった…… これで
最終兵器 使えないよね
サナ
サナ
すごいよ 〇〇!

伝説の ポケモン 自ら
ともだちに なりたがるなんて!

フラダリ:なんという 展開だ

まさか 本当に
選ばれし者 だったとはな!

伝説と いわれつつ
ずいぶんと 健気ではないか

ポケモン ゼルネアス よ!

人に 助けを 求めるか
人の 力を 借りるのか

サナ:なっ! その かっこう……
フラダリさん なの……?

じゃなくて!

〇〇に
負けたんでしょ! なによ

フラダリ:わたしの 勝利は
最終兵器を 使うこと

そのためには 伝説ポケモンが
取り戻した 能力を

再び 最終兵器に
送りこまねば ならない

伝説の ポケモン
返してもらおう!

今度は 負けない

キミたちが 旅で 調べた
メガリング メガストーン

わたしも 使わせてもらう!

⇒フラダリとバトル

フラダリとのバトル勝利後

フラダリ:……終わった

世界は ビジョンの ない
人間どもが 汚していき

残された 希望を
醜く 奪いあうのだな……

サナ
サナ
あの…… 少なくても
わけあったほうが いいと 思う……

フラダリさん だって
メガシンカ 使えたの……

ギャラドスが 力を
わけあたえてくれたからでしょ?

それだけじゃない
他の ポケモンたちも……

フラダリ:……

セレナ
セレナ
伝説の ポケモンは いないし
最終兵器は 使えないでしょ

フラダリさん だけが 未来を
心配するんじゃなくて……

みんなで 美しい 世界を
望むのが 正しいと 思う……

フラダリ:それが できるなら とっくに
すべての 争いが 消えている!

自分の ことだけを 考え
今以上に 奪いあう……

だが 古代の 王は
それを 最終兵器 とした

めざめたときに 取り戻されたが
出力を 抑えれば

望む 結果を 得られるか……

〇〇たち

わたしと 永遠に 生きよう……
そう! 枯れない 命だ!

美しい 世界を つくるまで
死ねない 苦しみを くれてやる!!

セレナ:〇〇!
サナ 脱出よッ!

脱出し、最終兵器により巨大な穴が出来た後

ジーナ?:はあ…… みなさん
無事で よかったですわ!

セレナ
セレナ
はい…… 無事です

ティエルノたちも
大丈夫 だったのね?

ティエルノ
ティエルノ
ウン! このとーり!
心配してくれて ありがと!

10番道路の 列石に つながれた
ポケモンを 助けていたんだ

……フレア団と 戦うのは
ジーナさんたちに 任せたけどねえ

ジーナ?:あたくしたちは
謎の人 なの!

デクシオ?:いいんだよ
ティエルノくん

フレア団の 作戦に 対して
それぞれ ベストを 尽くしたんだよ

あと きみたちに ニュース

フレア団の ラボに あった
ホロキャスターを 勝手に
受信する 機械は 壊したから

トロバ
トロバ
じゃあ もう フレア団に
関わることも ありませんね

これで 安心して
図鑑を 集められます!

サナ
サナ
はあ…… 終わったんだよね?
また 冒険できるんだよね!?

じゃあ ヒャッコクシティから
出発しなおそうよ♪

セレナ:〇〇
ありがとう

アナタのこと 友人として
尊敬するし

だからこそ ライバルとして
アナタに 勝ちたい! 本気よ

チャンピオンロード

セレナ
セレナ
〇〇
待って!

あれから アタシ
ずっと 考えていたの

フラダリさんは
フレア団だけを 選んだ

アナタと アタシたちは
フレア団以外を 選んだ

立場が そうさせたから であって
どちらが 正しいとは いえないよね

だから なんだけど……

双方に 言い分が あったら
歩み寄れば よかったのかなって

だから 決めたの

ただ ただ 勝つだけでなく
アナタたちの 想いに 触れる……

⇒バトルへ

セレナにバトル勝利後

セレナ
セレナ
どこが とはいえないけれど
アナタと アタシ 似ている

だから 負けたくなかったのね……!

(げんきのかたまり入手)

アタシ…… 改めて
アナタを ライバルに する!!

じゃあ ポケモンリーグ
挑戦 がんばってね

(殿堂入り後)キナンシティ

セレナ
セレナ
ね 〇〇!

アナタを 驚かせて みせるから
アタシと 勝負してくれない?

⇒はい・いいえ

・はい

アタシと ポケモンたちの
いい ところを みせてあげる!

セレナにバトル勝利後

セレナ
セレナ
〇〇
アナタに これを……!

(アブソルナイト入手)

そう アブソルナイト
二つも みつかったの!

だから アナタと わけあって……
フラダリさんの 悲しみを 溶かすの

プラターヌ博士の 伝言

メガリングや メガストーンの
秘密…… その 一端を

解き明かしたかも しれないんですって

博士は ヒャッコクシティの
日時計で お待ちに なってるはずよ