ポケモン

ポケモンSV/星6ブラッキーレイド勝てない時の対策 積まなくても強いポケモンと道具が肝(腹太鼓×)

コノヨザルやサーナイト、カイリューなども強いですが、別ベクトルで強いのがブラッキーやモロバレルです。

なぜなら、この2匹は「イカサマ」を使ってくるから。支援をする側としても、勝つためにはいつもとは少々違う立ち回りが求められます。

モロバレルの方は記事にしているので見てもらうとして。

ポケモンSV/星6モロバレルレイド対策と倒し方 とあるポケモン選出で状態異常くらわずに完封勝利最近スパイス集めに励んでいるとりもげです。 そんな中で結構厄介だな~と思ったのがモロバレルでした。 眠りだけならアマージョで...

今回はブラッキーの対策ですね。

星6ブラッキーの強さについて

硬い、硬すぎる

まずブラッキーは何と言っても硬いです。

HP95、防御110、特防130の種族値は伊達ではありません。味方になれば頼もしいんだけどね。

倒す側としては物理受けか特殊受けかどっちかに寄っていればいいんですけどね~。

テラレイドバトルは時間との戦いでもあるのでこの両受けの耐久力が厄介なのは言うまでもありません。

イカサマ

そして冒頭でも触れましたが「イカサマ」ですね。相手の攻撃値&攻撃ランクでダメージ計算する技です。

イカサマの技の威力にしても95もあるので、腹太鼓や剣の舞で積もうものなら即お陀仏です。

そのため、積み技なしでも強いポケモンが有力です。技の威力、特性、高いステータスなど択自体は割とあるように思います。星6レイドで日の目が浴びづらいポケモンを使えますが、結構プレイングやゲーム理解度にも左右されそうです。あと悪を半減できるポケモンもですね。

ちなみにイカサマを「ふういん」で封じることはできません。「アンコール」や「いちゃもん」「かなしばり」なども不発になります。(ゲンガーの「のろわれボディ」は効いてるの見たことある)

ポケモンSV/イカサマの仕様について レイドのモロバレルやブラッキー相手に腹太鼓や剣の舞はやばい最近ブラッキーと戦ったり、モロバレル戦にアタッカーとして参戦していたりするのですが、両者に共通して厄介な技がありますよね。 そう。...

くすぐる

もう1つ地味に辛いのが「くすぐる」です。

攻撃と防御が1段階下がる技で、イカサマにこそ影響はありませんが、バトルの展開が遅くなります。

ようは時間切れ&じり貧狙い。使う頻度も高いです。ブラッキーにとっては非常に有利に働く技です。ドドゲザンを出したくなりますが、イカサマがあるので自分の首を絞めるばかりです。

星6ブラッキーの技と種族値

テラバースト
あくのはどう
イカサマ
くすぐる
めいそう
のろい

ブイズの例によって、「テラバースト」をよくうってきます。威力はそこまで出ませんが、積み技によっては物理か特殊か変動します。この変動もまた地味に厄介。

「めいそう」はそこそこ使ってきて、「のろい」は終盤に使ってきます。

ともあれ最後まで耐久を上げてくるので、ブラッキー戦では倒すまでは気を抜けません。とりもげ的には星6レイドの中でも一番ギリギリの戦いが多いです。

種族値は以下。

HP 95
攻撃 65
防御 110
特攻 60
特防 130
素早さ 65
合計 525

タイプ相性

技のタイプ相性はこんな感じ。

物理&特殊:テラバースト⇒テラスタイプによる
悪・特殊:あくのはどう⇒エスパー、ゴースト
悪・物理:イカサマ⇒エスパー、ゴースト

定番どころではソウブレイズは出せません。ヤドランやラウドボーンも×。

コライドンやミライドンは有望ですね。タイプ相性はそれほど難しくない相手ですが、最低限物理アタッカーで弱点はつかれないようにしてください。

できれば悪は半減させておきたいところですが、長期戦ではコノヨザルはやはり期待できます。

ブラッキー対策ポケモン+アイテム

対策ポケモン(定番外)を挙げる前にブラッキー戦では持ち物が重要なのでそちらから触れます。

クリアチャームとメトロノーム

ブラッキー戦はよく長期戦になります。「くすぐる」「めいそう」で火力落とされますからね。終盤には「のろい」もあります。

なので、アタッカーは火力の維持をするために「クリアチャーム」か「メトロノーム」を持たせるのがおすすめ。

クリアチャームは相手の特性や技による能力を下げる効果が効かなくなるアイテムで、メトロノームは同じ技を使う度に技の威力が上がっていくアイテムです。

クリアチャームはくすぐるによる無駄ターンも引き出せるので◎。メトロノームはラウドボーンやハラバリーでお馴染みですね。特殊アタッカーにはメトロノームを持たせたいですね。腹太鼓や剣の舞が封じられる以上、こういうところでも威力を上げたいところ。

メトロノームの威力倍率は、2回目から1.2倍、3回目で1.4倍、6回目の攻撃で2.0倍になり、これ以上は上がりません。

アイテムをどちらかにするだけでも、戦況はかなり違ってくると思います。クリアチャームはテーブルシティ、メトロノームはハッコウシティのデリバードポーチに売ってます。

アタッカー

ではアタッカーですね。いつもはおすすめポケモンはサポーター寄りになってますが、今回はアタッカー寄りです。火力不足の戦況が多いですからね。

では範囲が広いので他にもいると思いますが、以下のポケモンを挙げておきます。

テツノブジンでの対策

おすすめの1匹目はテツノブジンです。悪タイプ技を1/4にできる数少ないポケモンで、一度くらいつるまいで積んでもイカサマはほとんど来ません。注意すべきは「テラバースト」のみ。

「つるぎのまい」持ちで、「ドレインパンチ」と「ソウルクラッシュ」とレイド界隈では優秀な技が揃い、さすがサーナイトの系譜、「ちょうはつ」や「リフレクター」「ひかりのかべ」と欲しい補助技までも揃ってます。

ドレパンで回復もできますし、対ブラッキーでここまで最適なアタッカーもないかもしれません。サポーター兼アタッカーにしては自衛能力と支援能力がずば抜けてます。ただ、テツノブジンは防御は高い一方で特防がやや低めなので、防御応援を早いうちに入れるなどそこのところは気にしておきます。

他のパラドックスポケモンもステータスが高い&悪半減できるのも多いので適性がありますが、コライドンの日照りやミライドンのエレキフィールドには注意。攻撃値が上がればイカサマの威力が上がるので。本来なら勇んで出したいところなんですけどね。テツノブジンに関してはこの点はそんなに不安要素はないです。これも強み。(避けられるならもちろん避けたいです)

【育成例:テツノブジン】
努力値:HP252 / 攻撃252 / 素早さ4
特性:クォークチャージ
技:ドレインパンチ / ソウルクラッシュ / つるぎのまい / リフレクター
道具:クリアチャーム

ウェーニバル&ハラバリーでの対策

ウェーニバルもいい感じです。ウェーニバルはレイド界隈ではマリルリとテツノカイナとタイプが被るという不幸に見舞われてますが、ブラッキー戦では活躍できます。

イカサマ対策としては特性込みでの技の強さが選出理由になりますが、おなじみの「アクアステップ」が選出理由ではもちろんなく、悪を半減しつつ耐久ステータスも比較的あり、挑発も覚えるのが理由。

また、「きあいだめ」を覚えるのも大きな理由です。「ピントレンズ」を持たせることで100%急所にしつつ、「くすぐる」によるマイナスデバフや「のろい」による防御バフを無視して攻撃できます。ただ、急所ダメージは天候技の影響はしっかり受けるのでコライドンがいたら出しません。

特殊アタッカーですがサザンドラも挑発&気合だめを覚えるので候補。イカサマはあくまでも攻撃値で換算するので、悪だくみも安心して積めます。

長期戦なのでソロではおなじみのハラバリー(メトロノーム)も有望ですね。「アシッドボム」と「エレキフィールド」をやったあとは「パラボラチャージ」連打。

沈むことはそうないですし、等倍相性でも活躍してくれます。悩んだあとにニンフィアを出しているなら圧倒的におすすめですし、同タイプのテツノカイナよりはずっと安心のできる選出と言えます。(ただ、弱点タイプなら腹太鼓なしのテツノカイナ起用はありなのかもしれません。よく参戦しているので)

サポーター

ブラッキー戦でのサポーターは、いつもとは違う視点から選出しなければなりません。

「どうすれば(イカサマによる)味方の瀕死を防げるか」という点に支援の役どころが集約してるのはもちろんですが、度重なるデバフによって火力不足に陥りがちで、たとえ味方のイカサマへの不理解をカバーできたとしてもそれだけでは心もとないからです。

なので「しろいきり」を採用しました。味方へのデバフ防ぎの技ですね。くすぐるによる攻撃ダウンを防いで時間切れ負けの可能性を減らします。

モスノウでの対策

で、具合がよかったのはモスノウでした。

白い霧にくわえてリフレクターも光の壁も覚えるからです。ついでに特性の「こおりのりんぷん」により、特殊のテラバーストのダメージも抑えられます。ステータスも悪くないです。

白い霧⇒防御応援⇒リフレクター・光の壁で盤石にできます。残り一枠は「むしのていこう」や「おいかぜ」「てだすけ」辺り。

フリージオも同じことができます。特殊耐久はモスノウの方が上ですが、テラスタイプが炎だった場合は一応フリージオですね。

他のポケモンでの対策

サポーターの次点では悪で抜群を取られない挑発、両壁持ちのポケモンです。

アーマーガア、サーナイト、アマージョ、ブラッキー、ヤミラミ、オーロンゲなど。ブラッキーは悪半減で、オーロンゲは1/4です。

とりもげはあまり野良星6レイドでのヒーラーは評価していませんが、ブラッキー戦ではヒーラーは有効なので、サーナイトは支援役として1歩抜きん出てるでしょうね。(あと挑発とリフレクターは使えませんがラッキー、ハピナスも)道具は無難なところで「ひかりのねんど」。

腹太鼓のいらない戦い


▲ 動画では雪を降らせてますが、防御アップの試用がてら雪が好きなので使ってました←

そんな感じで、ブラッキー対策案を紹介しました。

火力が足りなくなって勝てない時は勝てないと思いますが、紹介した対策案で戦況はよくなると思うので試してみてください。とくに道具ですね。

ブラッキーのレイドは星6の中でも変わり種で難易度も高いレイドですが、その分勝てた時の達成感は大きいです。コノヨザル戦並みに協力意識は必要だと思いますしね。攻撃回数も多くなるので長期戦で輝くポケモンがいたら採用してみてください。

↓瞬殺例 冷凍ビームは雪景色と同じく試用で