異世界かるてっと2

異世界かるてっと2/1話感想 盾勇者チーム合流!転校生は結局何だったのか……w(ゲスト出演扱い?)

1期の最後で転校生がくるという衝撃発表をして終わってしまった異世界かるてっと。

結局誰が来るのか、というのは既に公式のPVなどで出ているところですが、盾勇者陣(盾の勇者の成り上がり)ですね!

面子がKADOKAWA系列ということで、予想の候補に挙げていた人は多数いたようです。

日本はアニメ大国ですが、アニメにおいて、こういったクロスオーバー作品はほとんどありません。今回の2期では、盾勇者陣のみの参戦っぽいですが、今後こういったアニメ(催し)があるのであれば、楽しくなりそうですねー!

1話の概要

転校生がくるということで締められた異世界かるてっと1期の12話。

果たして転校生とは?

……盾勇者組が参戦するとは既に知られていますが、アインズやターニャたちがいる2組にやってきた転校生とは、まさかのちょむすけでした。

「改めて。転校生のちょむすけ君だーぁよ」

違う。そうじゃない。

(我々がツッコまなくても、今までのパターンで奴が…奴がツッコんでくれる!)

なんでちょむすけでずらしてきたのか?(笑)動いてるクラスほぼ2組だろうに……w(アインズとターニャのツッコミ待ち心境面白かったからいいけど)

「そのちょむすけ?が生徒扱いになるんだったらさぁ、パックも生徒扱いじゃないとおかしくねーか!?」

二人(ツッコむところはそこではない…)

▲ ヴィーシャ可愛い

まあ、ロズワールもとい製作陣のお茶目ということにしておきましょう( `ー´)ノタイトルにもしていますが、メインはあくまでも4作品で、盾勇者陣はゲスト出演みたいな感じなのかもしれませんね。

シリアス組?

「…どうなってるんだ」

「俺と一緒に居たラフタリアとフィーロはどこに…」
「尚文さんと仰いましたね?」

異世界かるてっとは皆デフォルメキャラになっていますが、尚文は中でもかなり男前に描かれています。盾勇者組、つまり尚文は、シリアス役としての参戦もうかがえるところ。

一番最初に会話をするのが、ヴィルヘルムとセバスのおじじ組というのがまたその印象に拍車をかけますね。

とはいえ、二人もまたはっちゃけています……w

「そうですね、その通りです。さて、今日は何の話をしましょうか?」
「やはり、今日もアレでしょうか」
「今日もするとしますか…」

「恋バナ!」

▲ 恋バナと聞いて一瞬吹いたけど、納得した(そういえばセバスはミニアニメでこんな感じだった……)

打球強すぎる

「とにかく!私は尚文様を探さないといけないのです!」

「じゃ、一緒に探すの手伝ってあげるよ」
「本当ですか!?」

尚文、ラフタリア、フィーロの三人がバラバラになっている頃、2組の面々は野球の授業中でした。

やがて、スバルとアウラと遊んでいるフィーロをラフタリアが見つけて二人は無事再会するのですが、二人の元にはマーレの剛球が。(マーレの持っている杖はシャドウ・オブ・ユグドラシルと言って、大地を割ったり、騎士を数百人屠ったりできるやばいやつです)

「セカンドシールド!」

「うぉぉぉぉ!」

「二人共、無事だったか」

尚文、イケメンですね~!(´∀`)なかなか盛り上がる演出でした。

さてさて、2期も1期と変わらない雰囲気のようです。いいですねw

ただ、一応2組の転校生はちょむすけであり、尚文たちではない様子。(ラフタリアとフィーロは一緒にきてしまった扱い?)用務員室という新しい場所も出来たので、尚文たちはそこで活躍したりのちょい出なんでしょうか? 気になりますね~。尚文たちもめいっぱい動いて欲しいのが希望としてはありますけど。

▲ 来方(笑)

もっと楽しむ方法

▲ 今回のエンドカード。

このすばを除く三作品は、筆者は記事を書いています。(このすばはプライベートで視聴済み)異世界かるてっとを通じて本編の方が気になった方は、是非読んでみてください。ちなみに幼女戦記の方は、ライターさんの方に頼んで書いてもらった記事です。

オーバーロード 記事一覧
Re:ゼロから始まる異世界生活 記事一覧
幼女戦記 記事一覧

また、このすばを含む異世界かるてっとの4作品は、動画ストリーミングサービスのサイトで一気見することができます。

動画ストリーミングサイトとはようするに、「月々いくら払ってアニメ見放題できる」というサイトのことですね。(視聴できるアニメは各サイトにより異なります)

ストリーミングサイトはしっかり管理されているサイトですので、動画投稿サイトで投稿された動画を貼りつけているサイトのように、ウイルスに感染したり、キャッシュが異様に溜まったりなどのそういったリスクは伴いませんから安心してみることができますよ♪ もちろん、違法サイトでもありませんから、安心して視聴することができます。

個人的におすすめなのはアニメの作品数が多い「dアニメ」です。なんといってもここは値段が安く、月に税込440円しかかかりません。OPとED飛ばしもしっかりあり、ほっといても勝手に次の話が視聴もできたり、UI(サイトの使い勝手)も良いです。

リゼロ、オバロ、このすば、幼女戦記、そして今期の「異世界かるてっと」もしっかり揃えています。

アニメだけでなく、映画やテレビドラマの視聴も視野に入れるなら、「U-NEXT」がおすすめです。アニメ数はdアニメほどではありませんが、人気作品はしっかり見ることができます。勘違いされそうですが、日本の会社が運営している動画ストリーミングサイトです。

どちらも初月無料で試せる上、解約の手間もないので、アニメファンにおすすめのサイトです。

一つデメリットを挙げるなら、見すぎてしまうことなので、そこだけは注意してください。(笑)また、見たいアニメが配信しているかどうかあらかじめチェックしておくのも、無駄遣いを防ぐ有効活用の方法ですね。

「dアニメ」の公式サイト
「U-NEXT」の公式サイト